fbpx
Cut - Grunberger Diamonds

4C OF A DIAMOND

CUT
グランバーガーダイヤモンズ社はダイヤモンドの4Cの中の“カット”がダイヤモンドの光輝量に大きく影響を与えると考える為、最も重要であると捉えております。

ここでのカットは、異なる形のダイヤモンドカッティングではなく、ラウンドブリリアントカットでの均整の取れたカッティング、対称性と研磨のことを指し、カットの乏しいダイヤモンドはたとえ最高位のカラーとクラリティーを兼ね備えていたとしてもであったとしても、自身を暗く見せてしまいます。

最大限の光量がダイヤモンドから反射されるようには高い技術を持った職人たちが、完璧に均整の取れたダイヤモンドをカットすることが要求されます。

グランバーガーダイヤモンズは、メレダイヤと呼ばれる0.70-3.70mm範囲のダイヤモンドのカッティングに注力することにより継続的に均等で対象性に優れ、ひときわ輝くダイヤモンドを生み出しています。

4C OF A DIAMOND

CLARITY
グランバーガーダイヤモンズ社はダイヤモンドの4Cの中の“カット”がダイヤモンドの光輝量に大きく影響を与えると考える為、最も重要であると捉えております。

ここでのカットは、異なる形のダイヤモンドカッティングではなく、ラウンドブリリアントカットでの均整の取れたカッティング、対称性と研磨のことを指し、カットの乏しいダイヤモンドはたとえ最高位のカラーとクラリティーを兼ね備えていたとしてもであったとしても、自身を暗く見せてしまいます。

最大限の光量がダイヤモンドから反射されるようには高い技術を持った職人たちが、完璧に均整の取れたダイヤモンドをカットすることが要求されます。

グランバーガーダイヤモンズは、メレダイヤと呼ばれる0.70-3.70mm範囲のダイヤモンドのカッティングに注力することにより継続的に均等で対象性に優れ、ひときわ輝くダイヤモンドを生み出しています。

CLARITY - Grunberger Diamonds
COLOR - 4C of a Diamond - Grunberger Diamonds

4C OF A DIAMOND

COLOR
“カラー”は、カットの次に重要なダイヤモンドの価値基準の一つです。最も価値が高い白く透明なDカラーから薄い黄色であるZカラーまでの等級がカラーレスダイヤモンドチャートにおいて選定されます。グランバーガーダイヤモンズ社は最も価値の高いDカラーのダイヤモンドから薄い黄色のダイヤモンドまで幅広いダイヤモンドを取り扱っています。

4C OF A DIAMOND

CARAT
“カラット”は、ダイヤモンドの重さのことで、直径サイズとは関係がありません。

カラットとカットは、相伴って影響をしています。

例えば、カラット数を優先した結果、乏しくカットされたダイヤモンドの傾向は、重さ比重の高いパビリオン面が深くカットされその重さを残し、結果としてクラウン部分が小さく仕上がり直径も小さくなります。それに比べ、小さいカラットでも優れたカットのダイヤモンドは、前述のような乏しいカットを施されたダイヤモンドに比べ同じ重さでもより大きなサイズのダイヤモンドとなります。

グランバーガーダイヤモンズ社はカットに妥協を許さない為、結果として4Cにおける重さの価値を犠牲にしその代わりにより大きく見え美しく輝くダイヤモンドを提供しています。

Carat - 4C of a Diamond